要約市場
ざっくり要約、しっくり納得

SIMとは、SIMカードとは

SIM(Subscriber Identity Module)とは
登録者を識別するための情報などが書き込まれたICチップを、携帯電話機などに対して付け外しが容易な部品となるようにモジュール化したもののこと
連絡先(アドレス帳)も書き込める
SIMカードとは
形状がカード(札)である、カード型のSIMのこと
小型化が進み、カードとは名ばかりな10mm角くらいの大きさに


SIMとは
SIMとは、Subscriber Identity Moduleの略称であり、意味は、通信網運営会社が登録者を識別するための情報や、登録者がもつ連絡先(アドレス帳)などの個人的情報が書き込まれたICチップを、携帯電話機などに対して付け外しが容易な部品となるようにモジュール化したもののこと。
通信網運営会社との間で利用契約を結び、実際に利用するにあたって、その許可証として、運営会社から利用者へ貸与される。
使い方は、携帯電話機などに予め設けられた接続部分、すなわちSIMスロットに取り付けることだけ。ただし、初めから携帯電話機に組み込まれていて、付け外しができない型のもある。
SIMの後継規格たるUSIMとその呼称
SIMそのものの規格がいくつかあり、その内の一つとして、USIMがある。
USIMはSIMの後継にあたる。
現在に使われているSIMはすべてUSIMであり、SIMはもはや使われていない。
しかし、USIMもSIMと呼ばれている。つまり、呼称においては、USIMはSIMと区別されていない。
SIMカードとは
SIMカードとは、形状がクレジットカードなどと同じカード(札)である、カード型のSIMのこと。
ただし、小型化が進んだ現在では、その大きさは、ICチップより少し大きいだけの10mm角くらいしかない。
大きさの寸法によって、いくつかの規格に分類される。
SIMカードを挿し込んで接続するためのSIMスロットの名前は、SIMカードスロットと言うが、現在に一般消費者市場に出回っているSIMの規格はほぼ全てSIMカードなので、あえてカードと言わずにSIMスロットとだけ言うのが普通。