要約市場
ざっくり要約、しっくり納得

移動体通信網とは

携帯電話機やノートパソコンなどの、所持者が移動しながらでも使用できる電子機器、それを端末とした遠隔通信を、機器を電線などの有形物質的かつ在所固定的な通信回線に接続することなく、電波をデータの搬送体として遊動的かつ持続的に行うための技術・設備・サービスを包括したもの、およびそのために扱う電波が飛び交っていて、実際に通信が可能となっている地域の範囲のこと。
または、アンテナや電波変復調器、ネットワーク接続機器などの、遠隔通信を中継するための設備、それを搭載した走行車や飛行機など、すなわち移動基地局、これを通して行われる同様の概念のこと。
端末何らかの設備を中継して行われる遠隔通信において、実行者が直接に操作する機器のこと。
ちなみに、対するものは固定回線で、それにおいてデータの搬送体として「主に」扱扱われているものは、光ファイバーや金属電線などだが、他に「電波」もある。
つまり、データの搬送体が電波だからと言って、移動体通信網と決まらない。
インターネットプロトコルに則った通信に対応した移動体通信網のサービスには、通話を快適に行えもする携帯電話通信網と、快適に行えるのはデータ通信のみのWiMAXがある。つまり、移動体通信網を利用したインターネット接続サービスは携帯電話通信網とWiMAXの2つに分類できる。