要約市場
ざっくり要約、しっくり納得

水素水の種類分別比較表

このページに掲載しているのは、水素分子が水に溶けたもの、すなわち水素水、および水素水生成器など水素水関連製品の種類分別比較表です。
水素水の種類
水素水既製品
アルミパウチ水素水
アルミ缶水素水
スチール缶水素水
ペットボトル水素水
水素水作成機器
水素水サーバー
水素水ポット
水素水ボトル
水素発生剤
水素水スティック
超過飽和水素水
水素パウダー
水素サプリ
水素水既製品
保存食の容器としても用いられるアルミパウチに入った水素水。容器内の空気を排出できるので、開封後の保存性能が良い。
アルミ缶に入った水素水。缶の気密性は十分だが、内部に空気層が在り、そこへ水素が移行していく欠点が有る。そこで、液体そのものから水素が抜けにくい水素水を充填した商品が出て来た。
スチール缶に入った水素水。アルミ缶と違って容器内に空気層が無いので、開封時の水素濃度も大きい。しかし、開封時に中身が飛び出る恐れが有り、開封後の保存も不可。
ペットボトルに入った水素水。気密性が悪くて水素が抜けやすいというペットボトルの弱点が問題点にならない工夫がこらされている。
種類名アルミパウチ水素水アルミ缶水素水スチール缶水素水ペットボトル水素水
容器アルミパウチアルミ缶スチール缶ペットボトル
有、無有、無
開封後の 保存性能◎、☓△、☓○、☓
水素濃度1.0~1.6ppm0.6~1.0ppm2.5~3.0ppm~1.6ppm
参考価格150~500円100~200円200~300円150~250円
水素水作成機器
いつでも出来立ての水素水が出てくる給水器。大きな本体を床の上に設置して、水道管と直接連結する。卓上に置ける小型の商品も有る。生成する水素水の品質が最も良い。しかし、価格は最も高い。
水素発生装置に接続した取外し可能なポットに注いだ水から水素水を生成する電気機械器具。出来立てのみならず作り置きや、作り直しもできる。
直接飲める保存容器と水素発生装置が一体化した構造の水素水生成器。充電池が内蔵されている。携帯できるが、生成能力は低い。
種類名水素水サーバー水素水ポット水素水ボトル
電源コンセントコンセント充電池
注水部構造
水道直結 内蔵型貯水槽
分離可能容器本体
注水方法自動/手動手動手動
給水方法操作で吐水口から
取り外したポット の注ぎ口から
蓋を開けた本体 から直接
浄水機能
水素濃度~4.1ppm~1.2ppm~1.2ppm
参考価格120000円~360000円8000円~120000円6000円~140000円
水素発生剤
スティック状の容器にマグネシウムなど金属の球を詰め入れたもの。ペットボトルに水と共に入れて数時間後に水素水が出来る。価格が安くて、繰り返し使えるが、水素発生能力は落ちていく。
耐圧ペットボトルとアルミニウム系の水素発生剤で標準状態での溶解度を超過する水素濃度の水素水をつくるもの。10.0ppmの商品が有る。価格は高い。
粉末状の水素発生剤を水に入れて水素水をつくる。食品にふりかけて食べることもできる。パウダーの主成分はパトリック・フラナガン博士の水素吸蔵結晶。
錠剤の水素発生剤。お腹の中で溶ける錠剤から水素が少しずつ発生して体内に吸収される。水素発生剤にはマグネシウムや焼成サンゴなど。ビタミンCなど他のサプリ成分を添加した商品も。
種類名水素水スティック超過飽和水素水水素パウダー水素サプリ
水素発生剤マグネシウム等アルミニウム系水素吸蔵シリカ等水素化マグネシウム等
発生場所ペットボトル耐圧ペットボトル水分胃腸
水素濃度~1.6ppm7.0~10.0ppm???ppm???ppm