要約市場
ざっくり要約、しっくり納得

アルミ缶の缶内空気層とは、窒素充填が必要な理由

アルミニウムは軟らかいので
アルミ缶の強度は低くて、衝撃を受けた時に変形・破裂する可能性が高い
問題解消の条件は、缶内の気圧を高くすること
具体的な解消法は、缶内に液体窒素を滴下して、気化させた窒素で缶を膨張させること


アルミニウムは軟らかくて、加工しやすい。逆に言うと、強度が低い。
この性質からもたらされる問題の具体的な例は、落とした時に、その衝撃に耐えきれず、凹むなどの変形をして醜くなったり、破裂して飛び散った中身によって周りを汚してしまうことなど。
この問題を解消するため、すなわちアルミ缶の強度を高めるための条件は、缶の内側から押し広げるような力、すなわち膨張力を与えること、つまり、缶内を陽圧にすること。
その条件を満たす解消法の具体的な内容が、缶に、予め、その容量より少しだけ少ない量の中身を入れておき、その缶内に液体窒素を滴下すると共に蓋を閉め、気化させた窒素で缶内の空間を満たし、缶を内側から膨張させること。