要約市場
ざっくり要約、しっくり納得

H2plusはAnself水素リッチ水ボトルのOEM商品かも知れない

H2plusとAnself水素リッチ水ボトルの類似点と、前者が後者のOEM商品かも知れない可能性について。
H2plus
1.2ppm水素濃度が高い
4分作成時間が短い
エレガントなデザイン
ガラス水素が逃げにくい
Anself 水素リッチ水ボトル
1.4ppm水素濃度が高い
350〜550mL容量が多い、様々
5800〜30000円価格が安い
エレガントなデザイン
ガラス水素が逃げにくい
電極自動洗浄
タッチボタン
類似点
外見全体が似ている
同じ容量で高さの寸法が同じ
容器の材質が同じ
USBポートの塞ぎの部品が似ている


外見全体が似ている
同じ容量で高さの寸法が同じ
容器の材質が同じ
Borosilicate Glassホウ珪酸ガラス。
USBポートの塞ぎの部品が似ている
ところで、H2plusの場合、この塞ぎの裏に作動スイッチが隠されている。ちなみに、スイッチを押すだけなら、そのために塞ぎを外す必要は無い。
一方で、Anselfの作動スイッチの場所は、世代によって異なるが、遅くとも第三世代からは別の所になっている。
この点から、もし、H2plusがOEMだった場合、その世代は第二以前だと考えられる。