要約市場
ざっくり要約、しっくり納得

Anself 水素リッチ水ボトルとは

Anself 水素リッチ水ボトルとはどんな水素水ボトルか、およびAnselfや小毛兎、XIAOMAOTUという会社について。
Anself 水素リッチ水ボトル
1.4ppm水素濃度が高い
350〜550mL容量多い、様々
エレガントなデザイン
ガラス水素が逃げにくい
電極自動洗浄
タッチボタン
Anselfの水素水ボトル
Anself、小毛兎、XIAOMAOTUという名前
容量や機能、外観が少しずつ違う同類商品の混合郡
耐熱ガラスなので、水素が逃げにくい
水素濃度が高い、1.4ppm
容量が多い、550mL
電極自動洗浄
タッチボタン
清掃用樹脂製刷毛付き


Anselfの水素水ボトル
Anselfとは、Amazonにて販売されている一群の商品の販売会社の名前。
水素水ボトルとは、水素発生装置・剤を内蔵した、持ち運べる小瓶型の水素水作成器具。
Anselfについて。商品の製造国は中国がほとんどのよう。
このAnself 水素リッチ水ボトルには、小毛兎、XIAOMAOTUという名前が刻まれている。
この名前が見られる商品は、Anselfが販売するものの内では一部だけなので、Anselfに販売を委託している製造会社のひとつと考えられる。
ところで、Amazonにて商品名で検索すると、とてもよく似ているものの、容量や機能、外観などが少しずつ違うだけの多数の商品が検出される。つまり、Anself 水素リッチ水ボトルという商品名は、ある商品に固有のものでなく、同類商品にまとめて付けられたもの。
耐熱ガラスなので、水素が逃げにくい
すべての「Anself 水素リッチ水ボトル」に共通なことは、容器の材質が耐熱ガラスであること。
よって、水素が逃げにくい、とされている。
ただし、商品価値としてはあまり意味がない。なぜなら、水素水ボトルでは作り置きを前提としていないから。また、樹脂であっても、その厚みが、一般的なペットボトルと違って分厚いので、水素の逃げにくさは問題無い程度に確保されているから。
水素濃度が高い、1.4ppm
商品によっては、水素濃度が1.4ppmと高い。
中には、数値が不明なものもある。
容量が多い、550mL
商品によっては、容量が550mLと多い。
容量の幅を範囲としてまとめると、350〜550mLになる。
電極自動洗浄、タッチボタン、清掃用樹脂製刷毛付き
商品によっては、これらの機能や部品などを備えている。