要約市場
ざっくり要約、しっくり納得

ポケット iQ7とは

ポケット iQ7とはどんな水素水ボトルかについて。
ポケット iQ7
ジュースでも作れる
100℃許容水温が極めて高い
完全防水丸洗いできる
電池残量表示
カラバリ2色から選べる
0.5ppm水素濃度がやや低い
フラックスの水素水ボトル
ポケットの後継品
所定の水素濃度を計測できる
作成ごとの水素濃度が安定するが、所要時間は不定になる
水素濃度がやや低い、0.5ppm
ポケットよりかは進歩した
容器の材質がトライタン、熱や酸に耐えられる
ジュースでも作れる
許容水温が100℃と極めて高い
完全防水、丸洗いできる
電池残量表示
電池残量が少なくても、作成能力が安定している
本体色を紺と白の2色から選べる


フラックスの水素水ボトル
フラックスとは、浄水器の輸入・販売などをしている会社。元の社名は新栄工業で、主な業務内容は鉄道車両用部品の製造・販売だった。設立は1960年。
水素水ボトルとは、水素発生装置・剤を内蔵した、持ち運べる小瓶型の水素水作成器具。
この商品はポケットという先行品の後継品にあたる。
所定の水素濃度を計測できる
ほとんどの商品の作動方式は時限式。つまり、ボタンを押すと、とにかく所定の時間だけ作動し続ける。
一方で、この商品のは、所定の水素濃度に達するまで作動し続け、ランプを光らせることで完了を知らせてくれる。つまり、所定の水素濃度を計測・通知できる。
よって、作成ごとの水素濃度が安定するが、所要時間は不定になる。
水素濃度がやや低い、0.5ppm
所定の数値は0.5ppmとなっていて、やや低い。
この水素濃度に達するのにかかる時間は、水質により異なるが、最短で3分30秒。
ポケットの場合は10分で0.4ppmだったので、それよりかは大きく進歩している。
トライタンなので、熱や酸に耐えられる
容器の材質が、トライタンの商品名で知られるPCT(Polycyclohexanedimethylene Telephtalate)なので、熱や酸に耐えられる。
そのおかげで、果物ジュースやスポーツドリンクでも作れる、としている。
また、許容水温は100℃で、お湯でも作れる。
完全防水、丸洗いできる
防水・防塵保護等級がIPX8/IPX5の完全防水なので、本体を分解した状態で丸洗いできる。
電池残量表示
電池残量を3つのランプで3段階表示してくれる。
電池残量が少なくても、作成能力が安定している
ポケットからの進化点として、電池残量に比例して作成能力が低下することが無くなり、電池切れまで安定するようになった、とのこと。
本体色を紺と白の2色から選べる
ネイビーとホワイトの2色。