要約市場
ざっくり要約、しっくり納得

WiMAXとは

WiMAX(Worldwide Interoperability for Microwave Access)とは
無線固定通信・移動体通信用の通信方式の規格であるIEEE 802.16と、それによって実現するインターネット接続サービスのこと
直訳は、マイクロ波通信の世界的相互運用性


WiMAXとは、Wi-Fiと同じく、標準化団体であるIEEEによって策定された、無線固定通信・移動体通信用の通信方式の規格であるIEEE 802.16、これにあてがわれた別称と、その通信方式によって展開される通信網で実現するインターネット接続サービスに付けられた名称のこと。
Worldwide Interoperability for Microwave Access
WiMAXという名はそもそも略称であり、「Worldwide Interoperability for Microwave Access」というのが元の名。
これの意味は、直訳すると、「マイクロ波通信の世界的相互運用性」となる。
具体的な意味は、要するに、世界標準的な通信方式を策定し、それでその他を淘汰統一し、どの端末がどの通信方式に対応できるか否かを考えなくても良い状況を実現しようということ。
このような方向性は、より早い時期にIEEEが策定していた、無線LANの規格であるWi-Fiについても正しく当てはまる。
Wi-Fiが無線LAN(Wireless Local Area Network)の通信方式の規格なのに対して、WiMAXは無線MAN(Wireless Metroporitan Area Network)の、とされている。
Wireless Metroporitan Area Network
Metroporitan Area Networkとは、ネットワークの一類で、構築・展開されたネットワークで接続可能となる地理的範囲が、LAN(コンビニの公衆Wi-Fiなど)より広く、WAN(Wide Area Network、携帯電話通信網など)より狭い、都市・市街地くらいのもののこと。
Wireless Metroporitan Area Networkとは、データを搬送するための媒体が電波であるMANのこと。
無線MANが適用される地域は、光ファイバーケーブルなどの固定通信回線を敷設しても収益が費用に見合わないような人工希薄地域など。
さらに、移動体通信用のWiMAXのことはMobile WiMAXと呼ばれるが、固定通信でないからか、Mobile WirelessMANと呼ばれる場面はほとんど見られない。
IEEE 802.16にはいくつもの版がある。その内で主要なものを次に示す。
IEEE 802.16
IEEE 802.16-2004
IEEE 802.16e-2005
IEEE 802.16m-2011
固定通信用
IEEE 802.16-2004
移動通信用(Mobile WiMAX)
IEEE 802.16e-2005
IEEE 802.16m-2011(WiMAX Advanced)
この内で、無線固定通信用の規格(WiMAX)に該当するのはIEEE 802.16-2004で、移動体通信用のはIEEE 802.16e-2005とIEEE 802.16m-2011。移動体通信用のWiMAXはMobile WiMAXと呼ばれる。その内のIEEE 802.16m-2011はさらにWiMAX Advancedと呼ばれ、IMT-Advancedの条件を満たし、2種類しかない4Gの通信方式の片方となっている。
日本で現在に運用されている規格は、IEEE 802.16e-2005とIEEE 802.16m-2011で、それぞれのサービス名はWiMAXとWiMAX2+、MNOはKDDI子会社のUQコミュニケーションズのみで、MVNO(借用通信網運営会社)はニフティなど多数。
MNOMobile Network Operator。通信網を自己で展開・運営する会社。
MVNOMobile Virtual Network Operator。MNOが提供する通信網を借用して仮想的に運営する会社。