要約市場
ざっくり要約、しっくり納得

マイラインとは、マイラインプラスとは、違い、比較表

NTT東西が実施しているマイラインやマイラインプラスとはどんなサービスかについて、その定義や、違い、料金、比較表。
マイラインとは、マイラインプラスとは
中継電話をする際に、発信に即してプレフィックス番号を自動的に付加してくれるサービスのこと
NTT東西により実施されている
違いは
登録できる中継電話会社の数
マイライン:複数
マイラインプラス:1つだけ
任意のプレフィックス番号を手動で付加した際のふるまい
マイライン:付加した通り
マイラインプラス:無効となる
料金は
登録・変更時のみ
番号ごとに税抜き800円
サービスマイラインマイラインプラス
内容方式電話会社選択電話会社固定
登録数複数1つだけ
手動付加付加した通り無効となる ※1
1プレフィックス番号の前に122を付加すれば有効となる


マイラインやマイラインプラスとは、どちらも、NTT東西の加入電話から、中継電話サービスの利用を伴う発信を行うにあたって、電話番号の頭に付け加えるべきプレフィックス番号を、自分の指でボタンを一々押すことによってでなく、発信に即して自動的に付加してくれるサービスのことであり、NTT東西により実施されている。
両者の違いは、登録できる中継電話会社の数と、任意のプレフィックス番号を手動で付加した際のふるまい。
つまり、マイラインは電話会社選択サービスであり、登録できる中継電話会社の数は1つに限らない。また、プレフィックス番号を手動で付加すれば、その通りの番号に発信される。
対して、マイラインプラスは電話会社固定サービスであり、登録できる中継電話会社の数は逆に、1つに限る。また、プレフィックス番号を手動で付加しても、無効となり、登録していた中継電話会社の番号で上書きされる。
ただし、マイラインプラスでも手動付加を実現する方法が有り、それは、付加しようとするプレフィックス番号の前に、サービス解除番号である122を付け加えること。
料金は、登録・変更時のみで、番号ごとに税抜き800円が発生する。