要約市場
ざっくり要約、しっくり納得

アルミ缶水素水とは

アルミ缶に封入された水素水のこと
特長は、容器の水素に対する気密性がとても高いこと
弱点は、缶内に空気層が在り、そこへ水素が逃げて行くこと
缶(蓋)の構造の違いで分類できる
封入される水素水の製造工程は
天然水を濾過
バブリングによって水素濃度を高める
水素濃度は0.3〜1.2ppm
容量は190mLから500mL
販売経路は
オンライン
リアル店舗(スーパーやコンビニなど)
販売形式は
バラ売り
箱売り
定期購入
価格は1本あたり100円から280円くらい


アルミ缶水素水とは、アルミ缶に封入された水素水のこと。
容器の材料が金属板なので、水素に対する気密性がとても高いのが特長。
しかし、缶内に空気(窒素)で満たされた空間(缶内空気層)が在り、未開封期間中にそこへ水素が少しずつ逃げて行ってしまうという弱点がある。