要約市場
ざっくり要約、しっくり納得

水素サプリの分類と種別

水素発生剤の種類
水素化シリカ
水素化カルシウム
水素化マグネシウム
水素化ゼオライト
水素発生剤の形態
カプセル
錠剤


水素化シリカ
シリカの微小な結晶に水素を吸蔵させたもの。
シリカも摂取できる。
水素化カルシウム
サンゴや、牡蠣などの貝殻に水素を吸蔵させたもの。
カルシウムも摂取できる。
水素化マグネシウム
岩塩に含まれるマグネシウムに、水素を吸蔵させたもの。
マグネシウムも摂取できる。
水素化ゼオライト
ゼオライトとカルシウム化合物を共に焼き固めながら、水素を吸蔵させたもの。
ゼオライトは体内に吸収されない、とされている。
採用している商品の数は少なく、稀。
カプセル
水素発生剤の粉末を、胃酸によって溶けにくい材質から成る殻の中に閉じ込めた形態。
消化器官である胃の中では、溶け切っていないカプセルによって水素発生剤が守られているので、水素があまり発生しない。一方で、吸収器官である腸に辿り着く頃にはよく発生するので、体内への吸収効率が良い。
錠剤
水素発生剤の粉末を、丸くてやや平たい形に固め、糖の薄い衣で包んだ形態。
カプセルと比べて、大きさが小さいので、飲みやすいのが長所。
短所は、覆いがより溶けやすいので、胃の中でも水素がより多く発生すること。
ただし、水素の大きさは極めて小さく、皮膚や粘膜からも吸収されるので、吸収効率の差が大きいかはわからない。