要約市場
ざっくり要約、しっくり納得

水素水ポットの長所短所

長所
出来立てを飲める
作り置きできる
浄水機能が有る(無い商品もある)
性能と外見が食卓や台所での用途に適合している
冷蔵庫に入れて冷やせる
短所
持ち運べない
作成所要時間がやや長い
水素濃度があまり高くない


出来立てを飲める
長所。
作成時間はかかるが、出来立ての水素水を飲める。
出来立ての、水素がまだ逃げていない水素水なら、その効果を最大限に享受できる。
作り置きできる
長所。
ポットの容量は0.9〜1.4Lくらいが一般的で、作り置きするのに十分。
中には500mLくらいしかない商品もあるが、逆に、1.8Lもあるのもある。
浄水機能が有る(無い商品もある)
長所。
ほとんどの商品は浄水機能としてセラミックや活性炭などの濾材を内蔵・付属している。しかし、一部にはその機能が無い。
浄水機能が無い商品の種類は、既に浄化された水しか使えないのと、無くとも水道水をそのまま使えるのとに分けられる。
性能と外見が食卓や台所での用途に適合している
特有の長所。
ポットという、水を注ぐための器と同じ形をしているので、外見は食卓や台所に合う。
性能についても、水素水サーバーと比べて、あまり場所を取らない点や、作成ごとに新しい水を使える点、単純にただのポットとしても使える点から、同じことが言える。
冷蔵庫に入れて冷やせる
細かい長所。
電気系統の装置を有する商品の大きさは冷蔵庫に入りそうとは思えない。しかし、装置とポットを分離させられるので、作った水素水をポットごと冷蔵庫に入れて冷やせる。
ちなみに、冷蔵庫に入れなくても、給水の仕方が自分で汲み入れることなので、予め冷やしておいた水を用いれば、冷たい水素水を作れる。
持ち運べない
短所。
ただし、作った水素水を別容器に移して持ち運ぶことは可能。
作成所要時間がやや長い
短所。
一般的な数値は5分から11分で、水素水ボトルの3分から7分よりやや長い。
理由は、装置の性能は同等なのに、容量がより多いから。
容量が少ない商品には、3分しかかからないものもある。逆に、容量が多い商品には、20分以上かかるものもある。
水素濃度があまり高くない
短所。
一般的な数値は0.3ppmから0.7ppmで、あまり高くない。
0.9ppmや1.2ppmに達する商品もあるが、作成所要時間は長め。