要約市場
ざっくり要約、しっくり納得

水素水ポットとは

水素発生装置・剤を接続・内蔵した、取っ手付きの水瓶型の水素水作成機器のこと
性能と外見が食卓や台所での用途に適合しているのが特長
主な水素発生原理は水の電気分解
使い方は水を入れたポットを土台に接続し、スイッチを押して数分から十数分待つこと
電源はコンセント
容量は0.5Lから1.8L
作成所要時間は3分から30分
水素濃度は0.1ppmから1.2ppm
価格は4000円から216000円


水素水ポットとは、水素発生装置・剤を接続・内蔵した、取っ手付きの水瓶型の水素水作成機器のこと。取っ手の無い水筒のようなものも含む。
性能と外見が食卓や台所での用途に適合しているのが特長。家庭の主婦や、料理にも使いたい人向け。
水素発生原理は、主に、水の電気分解。他に、バブリング。稀に、マグネシウムと水の化学反応。
使い方は、水を入れたポットを土台に接続し、スイッチを押して数分から十数分待つこと。作成方式が化学反応式の商品には、スイッチも土台も無く、水を入れた後はただ待つだけ。
電源はコンセント。化学反応式のには、不要。
ポットの容量は、商品によって異なり、0.5Lから1.8L。一般的な数値は0.9Lから1.4L。
浄水機能の有無は、無い商品の方が多い。化学反応式のにはもれなく有る。
作成には3分から30分の待ち時間が所要される。一般的な数値は5分から11分。化学反応式のは数時間以上か、瞬時。
水素濃度は0.1〜1.2ppm。電気分解式のは、連続で動作させて作成時間を長くすれば、仕様より高い水素濃度を実現できる。
価格は4000円から216000円ととても幅広い。