要約市場
ざっくり要約、しっくり納得

パワー水素水とハイパワー水素水の違い、比較表

名前からは、ハイパワー水素水の方が優れていると思えるが、両方とも、原料や寸法、重量などは同じ・・・。そんなややこしい両商品の違いについて、比較表を添えて。
商品名パワー水素水ハイパワー水素水
販売会社日本カルシウム工業ブレイン
水素濃度12時間 0.8〜1.2ppm無記
酸化還元電位
の変化量
12時間 -885mV
+584mV→-301mV
12時間 -793mV
+568mV→-225mV
耐用期間2〜3ヶ月約2ヶ月
耐用容量
500mLペットボトル
120〜150本分
500mLペットボトル
180〜200本分
原料、寸法、重量などは同じ。


製造会社について。日本カルシウム工業は製造も手がけていると見えるが、ブレインは製造を行っているようには見えない。よって、ハイパワー水素水は日本カルシウム工業から供給されたパワー水素水の同等品とも考えられる。
水素濃度について。数値を示す記載は、パワー水素水には有るが、ハイパワー水素水には無い。しかし、原料が同じなので、差があるとも思えない。
酸化還元電位の変化量について。パワー水素水の方が72mV大きく下がっているが、水道水の水質や水温にもよるので、何とも言い難い。
寿命について。耐用期間はパワー水素水の方が長いと捉えられるが、耐用容量はハイパワー水素水の方が多く、矛盾がある。耐用の基準の取り決め方の違いが原因だと仮定すれば解明できるが、真偽までは説明できない。