要約市場
ざっくり要約、しっくり納得

マグスティックネオとは

マグスティックネオとはどんな水素水スティックかについて。
マグスティックネオ
6ヵ月寿命が長い
Mgメタルボール皮膜が出来やすい
復活剤手間がかかる
青いスティックオシャレなデザイン
くまモン被災地支援
「元気の水」社製の水素水スティック
マグスティック365の後継品
原料はマグネシウムメタルボール
寿命が6ヶ月と長い
復活剤が必要
クエン酸スティック2本が付属
水素濃度は24時間で1.3ppm
10分で0.37ppm
1時間で0.48ppm
6時間で0.91ppm
24時間で1.32ppm
FOR KUMAMOTO PROJECT


元気の水の水素水スティック
元気の水とは、元トステム(トーヨーサッシ)の社員が2013年に新潟で設立した会社。
水素水スティックとは、ペットボトルに水と共に入れるだけで水素水を作れる、スティック型の水素水作成器具。
この商品はマグスティック365という同類商品の後継品にあたる。
原料はマグネシウムメタルボール
ボールの全量がマグネシウムなので、マグネシウムと無機物を焼き固めて出来たMgセラミックボールより、水素発生総量が多い。
寿命が6ヶ月と長い
よって、寿命が長い。期間は6ヶ月。
復活剤が必要
溶けたマグネシウムの一部は水酸化マグネシウムの結晶となって、ボールの表面を、皮膜を作るようにして覆う。
覆われた部分は水と接触できないので、化学反応が進行せず、水素があまり発生しなくなる。
この皮膜を除去するための復活剤として、クエン酸などの酸性水溶液による浸水処理が必要になる。
ただし、復活剤が必要な商品はこのマグスティックネオだけ。他の商品には、皮膜を溶かす成分を含むセラミックボールを添加するなどの何らかの対策が施されているからか、原料が同じであっても、不要。
ところで、クエン酸が入ったスティック袋2本が付属している。
水素濃度は24時間で1.3ppm
10分で0.37ppm
1時間で0.48ppm
6時間で0.91ppm
24時間で1.32ppm
FOR KUMAMOTO PROJECT
FOR KUMAMOTO PROJECTとは、被災地の熊本へ義援金を送り、被災者を支援するための企画。
元気の水の本社の所在地は新潟だが、工場は熊本。