要約市場
ざっくり要約、しっくり納得

水素水サーバーの長所短所

長所
好きな時に飲める
好きなだけ飲める
容量対価格が安い
浄水機能が有る(無い商品もある)
短所
価格が高い
清掃の手間や消耗部品の交換費用がかかる
大がかりな工事が必要(な商品もある)
外では飲めない


好きな時に飲める
大きな長所。
作成所要時間が無いか、有っても作り置きできる。
作成所要時間が無い商品の場合は、作り立てを飲める、とも言える。作り立てなら、時間の経過による水素濃度の低下が起こっていないので、つまり、好きな時に高濃度水素水を飲める、ということ。
好きなだけ飲める
大きな長所。
給水方式が水道直結式の商品は、吐水量に制限が無い。
他の、専用ボトルを接続したり、自分の手で汲み入れて給水する商品でも、ボトルや水槽が空になるまでは、同じことが言える。
容量対価格が安い
長所。
例えば、300mLで300円のアルミパウチ水素水の容量対価格は、1Lあたり1000円。
水素水サーバーの場合、水素水の原水は水道水なので、極めて安いと言える。
ただし、それに加えて、電気代と、濾材など消耗部品の交換費用がかかるので、無料同然とまでは言えない。
また、本体の購入費用やレンタル費用も考えると、極めて安いとまで言えるのは、家族など多人数で毎日大量に吐水させられる場合だけかも知れない。
それでも、吐水させれば吐水させるほど安くなっていくことに変わりはない。
浄水機能が有る(無い商品もある)
長所。
ほとんどの商品の原水は、残留塩素が含まれる水道水なので、その有害性への対策として、浄水機能が備えられている。
ただし、無い商品もある。それは、水道水を飲用しないことが前提の諸外国で開発された商品と、既に浄化された天然水を原水とする商品。
価格が高い
大きな短所。
水素水サーバーという機器には様々な部品、列挙してみれば、ポンプや濾材、水槽、電気分解装置、気体圧縮装置、冷却・加熱装置、コンピューターなど・・・、が含まれるので、価格が高い。
具体的な数値は、約10万円から、となっている。
そこで、分割払いやレンタル契約が用意されている。
清掃の手間や消耗部品の交換費用がかかる
短所。
水素水サーバーは水を扱う機器なので、ミネラル沈積や雑菌繁殖の問題がある。
そこで、対策として、浄水機能や殺菌機能が備えられている。
しかし、能力に限界がある。つまり、分解して布拭きするなどの清掃が必要。
また、浄水装置の耐久性にも限界がある。つまり、濾材は消耗部品であり、その交換も必要。ちなみに、消耗部品が濾材だけでない商品もある。
ただし、清掃については、自動で行う商品や、業者が担当する商品もある。
また、濾材の交換については、給水方式が天然水ボトル接続の商品には、浄水装置が無いので、不要。しかし、代わりに、ボトル交換の手間がかかる。
大がかりな工事が必要(な商品もある)
短所。
給水方式が水道直結式の商品では、水道管の分枝や接続のための大がかりな工事が必要。
他の、工事が不要な商品でも、本体が大きいと、運搬や設置、移動が容易でない。
本体の大きさが小型型の商品は、これらに当てはまらない。
外では飲めない
短所。
説明するまでもない当然のことだが、小型の商品であっても、持ち運べない。
ただし、吐水させた水素水をアルミボトルなどの容器に入れて、それを持ち運ぶことはできる。
特に、作成方式がバブリングの商品なら、作った水素水の、時間の経過による水素濃度の低下が起こりにくいので、この短所は無いと言えるかも知れない。