要約市場
ざっくり要約、しっくり納得

飲み口付きアルミパウチ水素水の飲み残しを保存する方法

飲み口付きアルミパウチ水素水の飲み残しを、水素濃度が維持されるよう保存する方法について。
パウチを手で、中身を飲み口から押し上げて溢れ出させるように握る
表面張力を利用し、中身の水位を飲み口より高いところで止める
飲み口からはみ出た水素水を絞り切るように蓋を閉める


仮に、蓋を閉めさえすれば水素はパウチの外へ逃げられなくなるとしても、パウチ内に空気で占められた空間があると、そこへ水素が水素水の中から逃げて行く。つまり、水素濃度が低下する。
この空間を作らないためには、パウチを手で、中の空気を押し出すように握りながら蓋を閉めること。