要約市場
ざっくり要約、しっくり納得

CATV回線の網構成一覧

光ファイバーケーブルと同軸ケーブルとの混成であるのが一般的なCATV回線について、その網構成の一覧。
同軸ケーブルのみ
FTTN(HFC)
FTTC
FTTH
FTTNFiber To The Node。放送局から伸び出た幹線の部分を光ファイバーケーブルとしつつ、幹線から分岐して出来た支線の部分をメタルケーブルとする回線網構成。
HFCHybrid Fiber-Coaxial。光ファイバーケーブルと同軸ケーブルとが混じった回線網構成。FTTNの内で、メタルケーブルの種類が同軸ケーブルであるものがこれに該当する。
FTTCFiber To The Curb。放送局から加入者宅の直前にある最後の分岐点までを光ファイバーケーブルとしつつ、そこから先をメタルケーブルとする回線網構成。
FTTHFiber To The Home。加入者宅の内部までを光ファイバーケーブルとする回線網構成。
参照先
ケーブルテレビは、サービスを提供する地域に、光ファイバーケーブルや同軸ケーブルを敷設して、ケーブルテレビ局のセンターと地域内の一軒一軒の家庭を1本のケーブルで結び、多様なサービスを提供しています。
ケーブルテレビとは(日本ケーブルテレビ連盟)
長年愛用し続けた同軸ケーブルだが、このCATVの世界にも今、光ファイバ化の波が押し寄せている。
ただし、今話題のFTTH(Fiber To The Home)ではなく、支線は従来の同軸ケーブルのまま、幹線を光化するスタイルである。
光と同軸のハイブリッドなタイプなので、これをHFC(Hybrid Fiber Coaxial)と呼んでいる。
同軸ケーブル網とその光ファイバー化(インプレス)
FTTC方式
従来のHFC方式を進化させた方式で、加入者宅に近いところまで光ファイバーケー
ブルを敷設しており、充分な伝送能力を有します。FTTH方式とHFC方式の長所を
活かしたシステムです。
広島県三原市地域情報化計画 CATV伝送方式の説明
ケーブルテレビの現状(総務省)