要約市場
ざっくり要約、しっくり納得

Wireless City Planningとは

Wireless City Planningとはどんな会社かについて、概要(××で有名)や、企業情報表、事業内容の具体例、設立の経緯を含めた沿革など。
概要(××で有名)
Wireless City Planningと言えば、AXGPという通信方式を利用した移動体通信網を運営する、ソフトバンクグループの電気通信事業者で有名。
企業情報表
会社名Wireless City Planning
代表者宮内 謙
設立年月日2010年06月11日
本社所在地
〒105-7390
東京都港区東新橋1-9-1
東京汐留ビルディング
事業内容
電気通信事業
電気通信設備の開発・保守・賃貸
電気通信事業の情報収集・調査研究
主要株主
50%:アドバンテッジパートナーズ
30%:ソフトバンク
資本金188億9900万円
その他登録電気通信事業者:第342号
事業内容の具体例
BWA事業
AXGP通信網のMVNOへの貸し出し
BWABroad-band Wireless Access。広帯域無線アクセス回線。アクセス回線とはインターネットに接続するための回線のことであり、光回線などもこれに該当する。
沿革
2010年02月18日:ウィルコムが会社更生法の適用を東京地裁に申請
2010年06月11日:ウィルコムの技術・設備を譲受するための会社として、ソフトバンクがWCPを100%の出資率で設立
電気通信事業法の関係で、3G通信設備を所有するソフトバンクの出資率を33%以下にするべく、アドバンテッジパートナーズと資本提携
2010年12月01日:電気通信事業者として登録された
2010年12月21日:実際にウィルコムからその技術・設備がWCPへ譲受された
同時に、ウィルコムが運営していた「WILLCOM CORE XGP」を「XGPサービス」と改めて継続
2011年11月01日:AXGPを利用したデータ通信サービスの閉鎖的な運営を開始
2012年01月31日:「XGPサービス」を終了
2012年02月24日:ソフトバンクモバイルがWCPのAXGP通信網を借用するMVNOと成って「SoftBank 4G」というサービスを開始
対応するモバイルルーターの銘は「ULTRA WiFi 4G」だった
AXGP網だけでなくHSPA+などの3Gの通信網をも利用できた
WCPWireless City Planning
当時のソフトバンク現在のソフトバンクグループ
当時のソフトバンクモバイル現在のソフトバンク
「SoftBank 4G」は、2.5GHz帯を使用する広帯域移動無線アクセスシステム「XGP」を高度化させた「AXGP」を利用し、下り最大110Mbpsの最高伝送速度を実現する、ソフトバンクモバイルの次世代の通信サービスです。
対応エリアは、2011年度末には札幌市、さいたま市、千葉市、東京23区、横浜市、川崎市、名古屋市、大阪市、神戸市、福岡市、北九州市および上記周辺都市、2012年度末には全国政令指定都市の人口カバー率を99%まで拡大する予定です。
対応端末は、「SoftBank 4G」と「ULTRA SPEED」の2つのエリアで下り最大76Mbpsの高速通信が可能なモバイルWi-Fiルーター「ULTRA WiFi 4G SoftBank 101SI」を、2012年2月24日(金)より販売開始します。
データ通信サービス「SoftBank 4G」の提供を開始(ソフトバンク)