要約市場
ざっくり要約、しっくり納得

ドライカッパーとは

ドライカッパー(Dry copper)とは、電気通信事業者が予備の通信線路として敷設し、使用せずにそのまま置いていたメタルケーブルのこと。および、それを別の電気通信事業者へ賃貸するサービスのこと。
名称の由来は、メタルケーブルを水道管に、電気信号を水に擬えて、電気信号が流れていないメタルケーブルを乾いた銅線と見做したもの。
日本においてこの言葉が指すものと言えば、概ね、NTT東西が電話回線として敷設したアナログ回線や、インターネット接続サービスでの利用も兼ねるISDN回線とADSL回線、などに限る。
ドライカッパーを利用したサービスと言えは、もはや終了したCHOKKAや、現在も販売されているおとくラインなどの直収電話に加えて、Yahoo! BB ADSLなどのインターネット接続サービスが挙げられる。