要約市場
ざっくり要約、しっくり納得

直収電話の初期費用・料金が加入電話より安い理由

直収電話の利用にあたって支払うべき初期費用や基本料金などについて、その金額がNTT東西の加入電話のより安い理由。
根拠たる、回線網の構成
ほとんどの直収電話において、その電話回線網の構成は、既にNTTが予備として大量に敷設し、不使用のまま置いていたメタルケーブルを賃借して運用するもの、すなわちドライカッパーとなっている。
初期費用
つまり、工事が既に済んでいるので、工事費のような高額な費用が初期費用に含まれない。
対して、NTT東西については、施設設置負担金と名付けた工事費にあたる費用を初期費用として未だ廃止せずなお課金し続けている。ちなみに、その金額は現在で36000円。
よって、直収電話の方が初期費用が安い。
料金
利益を確保しながら、料金をいかに安くするかは即ち、支出をいかに少なく抑えるかにかかっている。
ところが、直収電話会社がサービスを運営する中で発生する支出の内で、自社で干渉できないものが有る。それは、NTT東西から借り受けるドライカッパーの、接続料。
実際に、ドライカッパーの賃貸料金の決定権自体は、貸し手のNTT東西に委ねられている。
しかし、直収電話会社にとってサービス経営の採算が合わなくなるような価格をNTTが設定することはできない。
なぜなら、そもそもドライカッパーの貸し出しサービス自体が、総務省によって制定された法律に基づいて行われる法制度であり、つまり、価格決定についても法的な拘束力が影響しているから。
そもそもと言えば、直収電話会社の料金設定方針についても、同様。つまり、既にNTTに寡占されていた当時の市場において、顧客に自社へ乗り換えてもらうためには、サービス内容の優位性を訴求しなければならないが、品質についてはNTTの回線を借用しているだけで差が無いので、対抗手段が料金しかない。
よって、直収電話の方が料金も安い。