要約市場
ざっくり要約、しっくり納得

アルミパウチ水素水とは

水素が抜けにくい特殊構造のアルミパウチに充填された水素水のこと
特長は
水素がかなり抜けにくい(飲み口無しの場合)
飲み残しを保存できる(飲み口付きの場合)
飲み口の有無とその構造の違いで分類できる
充填される水素水の製造工程は
天然水を濾過
バブリングによって水素濃度を高める
水素濃度は0.8〜1.6ppmが一般的
容量は200mLから550mL
販売経路は
オンライン
リアル店舗(スーパーやコンビニなど)
販売形式は
バラ売り
箱売り
定期購入
価格は1袋あたり167円から400円くらい


アルミパウチ水素水とは、水素が抜けにくい特殊構造のアルミパウチに充填された水素水のこと。
水素がかなり抜けにくいのと、飲み残しを、その水素濃度を維持したまま保存できるのが特長。
ただし、前者は飲み口無しの場合で、後者は飲み口付きの場合に限る。ちなみに、飲み口付きの水素の抜けにくさには、その構造ごとに差がある。
このように、アルミパウチの構造の違いは各商品の間にも存在し、飲み口の有無とその構造によって細かく分類できる。
充填される水素水の製造工程は、他の既製品のほとんどと同じく、天然水を濾過し、バブリングによって水素濃度を高めるというもの。
水素濃度は0.3〜1.6ppmと幅広いが、一般的には0.8〜1.6ppm。
容量は、飲み切りやすい200mLから、ペットボトル並みの550mLと幅広い。
販売経路は、主にオンラインで、他にスーパーやコンビニなどのリアル店舗。
販売形式は、オンラインでは箱売りか定期購入で、店頭では主にバラ売り。
1袋あたりの価格は167円から400円くらい。バラ売りでの相場は200円くらい。