要約市場
ざっくり要約、しっくり納得

3WiMAXだけ通信速度が違っていた時の事

WiMAXサービスにおける通信速度はほぼ全てのサービスで共通なのに、3WiMAX(2つある公式サイトの内の販売代理店でない方)だけが違っていて、しかも半分だった時の事。ちなみに現在では、この片方の公式サイトは閉鎖され、存在しない状態になっている。
WiMAXエリアでは下り(受信)最大13.3Mbps、上り(送信)最大10.2Mbps、
WiMAX2+エリアでは下り(受信)最大220Mbps、上り(送信)最大10Mbps、
au 4G LTE(800MHz)エリアでは下り(受信)最大150Mbps、上り(送信)最大25Mbps
3派CAエリアでは下り(受信)最大440Mbps(※)となります。
※ハイスピードプラスエリアモード設定時。別途オプション料1,004円/月がかかります。なお、駅構内ではご利用いただけない場合があります。通信規格やエリア等により最大通信速度は異なります。
速度はどのくらい出るのですか?(3WiMAX、リンク切れ)
キャリアアグリゲーション対応最大220MbpsのKDDI WiMAXが大人気発売中!
たっぷり使える最大440Mbps※2の高速WiMAX 2+登場。
※2 ハイスピードプラスエリアモード設定時。別途オプション料1,004円/月がかかります。
3WiMAX公式サイト(Internet Archive)
サービス名3WiMAXその他
通信速度
220Mbps/10Mbps (WiMAX
150Mbps/25Mbps (LTE
440Mbps/??Mbps (WiMAX+LTE
440Mbps/30Mbps (WiMAX
225Mbps/25Mbps (LTE
440Mbps/50Mbps (WiMAX+LTE
このように、利用する通信方式としてLTEを併用しない、WiMAX2+のみの通信、すなわちHSモードでの通信、これにおける速度が半分だった。つまり、通常の通信速度は半分だった。
また、もし3WiMAXにおいても他社と同じ440Mbpsの速度で通信したければ、通信モードをHS+Aモードに切り替えて、有料のLTE併用オプションを適用しなければならない、ということだった。
ただし、2つある公式サイトの内のもう片方、すなわち販売代理店の方の3WiMAXについては、通信モードがHSモードのままでも440Mbpsの速度で通信できることとなっていた。なお、エリアによって558Mbpsや708Mbpsで通信できる点も、他社と同じだった。