要約市場
ざっくり要約、しっくり納得

WiMAXのSIMカードを別のWiMAXルーターへ差し替えて通信できるか

WiMAXのSIMカード(UIMカード)を、WiMAXルーターから抜き出し、そして別のWiMAXルーターへ差し替えても通信を行えるかについて。
可不可は機種やサービス運営会社、機種の発売時期、販売店(入手経路)などにより異なるので
可不可を判断するための絶対的な基準や指標は存在しない
つまり、機種ごとに実験するしかない
通信に成功した報告がある例
WX04、W04、L01、W03など
MNOであるUQコミュニケーションズの場合
WiMAX2+サービス開始初期に発売された端末、例えばHWD14などでは、非推奨だが無制限としていた
NAD11あたりから、SIMロックについて明確に適用されているとし始めた
その後、SIMロックの適用を基本仕様としていたようだが
W03あたりから、逆にSIMフリーを基本仕様としていると思しい


WiMAX2+サービス開始初期
UQで認証・登録していない端末(他通信事業者端末やSIMフリー端末を含む)に挿入してご利用いただくことはできません。
もし、ご「利用できた」場合でもUQでは保証できません。
HWD14のUIMカードは違う端末に差し込んで使用できますか?(UQコミュニケーションズ)
WiMAX2+の端末では、携帯電話などと同じようにSIMカードに契約情報を入れる方式に変更されており、何らかの方法で別のWiMAX2+の端末を入手して、そこにSIMカードだけを入れ替えて使うという使い方も理論的には可能だ。
「現状ではそうした端末の移動については何も制限をかけていない」(廣井氏)とのことだったので、UQ側は「保証はしないものの、ユーザーが自分でやる分には制限しない」というスタンスのようだ。
また現状では、WiMAXの時代にあったような、UQのMVNO向けの端末を別のMVNOでは使えないようにする仕組みなども導入されていないということだった。
SIMロック解除の方針は、W01後継機のタイミングで明らかになる見通し
NAD11発売以降
SIMロックはかかっております。
基本仕様としてSIMロック(キャリアロック)はかかっていますか?(UQコミュニケーションズ)
W03あたりからSIMフリーが基本仕様と思える根拠
UQコミュニケーションズの公式サイトにて「SIMロック」でキーワード検索した結果に示された、SIMロックを適用している機種の例から。