要約市場
ざっくり要約、しっくり納得

WiMAXのキャッシュバック条件の問題点と正しい在り方

問題点
契約申請時に複数のオプションを選択しなければならないとか、送付時期が不明な案内メールを大量の広告メールの中から見つけ出さなければならないように、キャッシュバック条件が煩雑であること
キャッシュバック条件の内容を明確に表示した文章・ページが気づきにくい場所にあること、すなわちキャッシュバック条件が煩雑であるがゆえに読解し熟知する必要があるのに、それが困難であること
契約申請時に設定されたキャッシュバック条件を満たしていないのに、そのまま契約締結できてしまうこと
消費者が最低限にすべきことはキャッシュバック受取先の銀行口座を指定するだけなのに、それを行うための入力フォームへアクセスするために案内メールを経由しなければならず、しかもそれを行える時期が限定されているように、単純な手続きを無駄に複雑化していること
そもそもキャッシュバックが無ければ、数あるサービスの中から選択し契約申請する価値が無いのに、キャッシュバックを受け取れない可能性が存在すること、すなわちキャッシュバック条件の存在そのもの
本来の正しい在り方
契約申請時に既にキャッシュバック条件があり、その時にそれを満たしていないならば、その旨を申請完了までに大袈裟に告知・注意すべき
受取先口座を指定・変更できる時期を、契約申請時からキャッシュバック入金日まで、とすべき
受取先口座の指定・変更を行うための入力フォームへアクセスするための経路を、送付される案内メールからだけでなくブラウザからも、とすべき
受取先口座がキャッシュバック入金日までに指定されていなかった場合、その旨を通知し指定を促すための案内メールを遅くとも1ヶ月前から送付するべき
案内メールの宛先とするメールアドレスの許容範囲は、限定されず自由であるべき