要約市場
ざっくり要約、しっくり納得

「LTE」「4G」「4G LTE」の違い、比較表、ややこしい理由

LTE
語義:通信方式の名称
語意:3.9Gに属する通信方式であり、OFDMAなどの通信技術を利用している
4G(第4世代移動通信システム)
語義:通信方式の種類の名称
語意:国際電気通信連合の定め方で世代ごとに分別にされた通信方式の種類の内、第四世代目となるもの
4Gに属する通信方式の例:LTE-Advanced、WirelessMAN-Advanced
4G LTE
語義:通信サービスの呼称
語意:運営会社により異なるが、例えば、4Gと呼ぶことも許可された3.9G以下に属する通信方式によって実現する通信サービスの内で、LTEであることを強調するもの
ややこしい理由
LTEの世代は
3.9Gであり
4Gでない
LTEで実現する通信サービスの呼称は
初期:「Super 3G」など
以降:「4G LTE」など
3.9Gに属する携帯電話用の通信方式は
LTEだけでなく
UMBも有ったが
UMBは途中で潰えたので
3.9Gとは即ちLTEとなった
4Gに属する携帯電話用の通信方式は
初めからLTE-Advancedしか無かった
つまり、4Gも即ちLTEだった
3.9Gと4Gを見比べると
世代は違うのに、通信方式は共にLTEと名の付くもので同じ
Advancedという言葉の意味が、世代の少数第一位を反映したものでなく、わかりにくい
もし仮に、LTEが4Gで、LTE-Advancedが4.1Gとかなら、わかりやすい
このように、サービスの技術仕様を説明する上で、紛らわしく、契約者を混乱させてしまいかねなかったので
各通信事業者は、3.9GのLTEを敢えて「4G」と呼び、4GのLTE-Advancedを「PREMIUM 4G」などと呼び始めた
国際電気通信連合はこれを認め許し、また
AXGPなどの、技術的な部分がLTEと同じ通信方式や、4Gの技術的要件を満たさない、3Gを発展させただけのものについても、4Gと呼ぶことを許した
4Gと呼ばれるもの
4GのLTE-Advanced
3.9GのLTE、Mobile WiMAX
3.5GのHSPA+など
AXGPなどの、LTEと互換性を有つ通信方式
国際電気通信連合(ITU)は現地時間12月6日、ジュネーブでの会合で、LTEネットワークとWiMAXネットワークに対し「4G」の名称を使用することを公式に認めた。
ITUは声明の中で、「4Gは、まだ定義されていないが、この技術の前身である、LTEやWiMAX、および現在展開されている当初の第3世代システムに比べて性能と機能において相当な水準の改善を提供するような発展した3G技術に対しても適用してよい」と述べている。
ITU、LTEとWiMAXの「4G」名称使用を公式に認可--「発展した3G技術」も認可対象に(CNET Japan)