要約市場
ざっくり要約、しっくり納得

アルミパウチ水素水の充填時の水素濃度が1.6ppm超過でも、開封時には1.6ppm以下になる理由

アルミパウチ水素水において、充填時の水素濃度が、溶解度である1.6ppmを上回る数値、例えば3.0ppmなどであっても、あるいはどれだけ高くとも、開封時には1.6ppm以下になってしまう理由。
作成時には、装置の水槽内で大気圧より高い圧力がかけられている
水槽の耐圧強度は高く、頑強なので
水素濃度は標準状態の溶解度、すなわち1.6ppmを上回る数値を維持できる
充填時には、水槽からアルミパウチへと移される
アルミパウチの耐圧強度は低く、軟弱なので
水素濃度は大気圧と拮抗する所、すなわち1.6ppmまで一気に低下する