要約市場
ざっくり要約、しっくり納得

ケータイが市場から消え去る運命にある理由・問題点

入力装置としてタッチパネルを備えていないので
直感的な操作ができない(ターゲットを指定する動作とターゲットをアクティブにする動作を同時に行えない)
操作方法の多様さが乏しい(ボタンを押すことしか選べない)
文字入力の速さが遅い(ボタンを何度も押さなければならない)
画面の大きさが小さい上に、解像度が低いので
ウェブページ・電子書籍などの文書を読みづらい
画像・動画を見づらい
画面を大型化しようとして(もできない)
ボタンも大型化すると、押しにくくなる
ボタンの大きさをそのままにすると、余った面積が無駄になる
タッチパネルを備え付けるなら、もはやケータイである必要が無い
画面の向きを横にした時に持ちにくい
AR・VRに対応していない