要約市場
ざっくり要約、しっくり納得

ベーシックフォンとは、フィーチャーフォンとは

ベーシックフォンとフィーチャーフォンとはどんなケータイかについて、その定義や、日本市場での販売状況など。
定義
ベーシックフォンとは、音声通信やSMS、Eメール通信などの基本的な機能だけを備える携帯電話機のこと。
英文字表記はBasic Phoneで、直訳による意味は基本的電話機。
フィーチャーフォンとは、ウェブブラウジングや画像撮影、音楽再生、テレビ放送受信などの付加価値的な機能、およびそれを実現するための特別な物理的構造・装置を特徴として豊富に有つ、今となっては旧型の携帯電話機のこと。
英文字表記はFeature Phoneで、直訳による意味は特集的電話機。
二つの言葉の関係は、対義語に相当する。
携帯電話機の種類としては、どちらもケータイ(の一類)にあたり、スマートフォンやPDAにあたらない。
日本市場においての見識
日本で販売されていたケータイについては、そのほぼ全てがフィーチャーフォンに該当する。
ベーシックフォンの存在は、早い時期から完全に無くなっていた。
だから、これらの言葉が一般消費者市場に登場し、大衆に認知されることは、スマートフォンが発売され、それがケータイと比較される時までなかった。
また、ベーシックフォンについては認知されてからもしばらく、その存在が市場で確認されることはなかった。
しかし、スマートフォンが一般化して久しくなり、フィーチャーフォンさえもほぼ淘汰されてしまった最近になっては、逆に、ベーシックフォンのような物が販売されなおし、極めて一部の消費者に対する特殊な需要として供給されているのが確認できる。