要約市場
ざっくり要約、しっくり納得

ガラケーとは

ガラパゴス化した携帯電話機のこと。
また、スマートフォンに対して旧型の携帯電話機であるケータイを呼ぶ時に、それぞれが別の物であることを明確に示すため、および、販売会社が消費者に対して、旧型なのに依然として魅力的な商品価値があるかのような印象を抱かせるために用いる呼称。
場合によっては、言葉の裏に揶揄するような意図が含められている。


ガラパゴス化
日本で生まれた造語。
意味は、ある市場が、何らかの理由により、ガラパゴス諸島のように全体から独立・隔絶した結果、一般化・標準化された方式・規格などの全体に共通する普遍的な傾向に沿わない、独特の進化を遂げた商品・業務郡で埋め尽くされること。
何らかの理由に該当する事物は、主に、市場の独占ないし、当の市場と切っても切り離せない関係にある別の市場の独占。
例えば、日本の携帯電話機市場の場合、モバイル通信市場におけるNTT・KDDI・SoftBankによる談合。
世界の市場では、物理ボタンでなくタッチパネルを入力装置として備えるスマートフォンが普及し、それ以前の旧い機種が衰退していた頃に、日本の市場では、著しく多機能化・高性能化したケータイが普及したままだった。
また、それらのケータイには、ワンセグやおサイフケータイなどの、日本独特かつ日本専用の機能、換えて言えば、日本人に対してしか需要が無く、日本においてしか利用できない機能が備えられていた。
これらとは別の話で、スマートフォンに対してそれらのケータイを呼ぶ時に、スマートフォンも「携帯」電話機だから、そのまま発言しては、人によっては混同して解釈されることになる、という問題がある。
そこで、特に、携帯電話機を販売する会社は、それまでのケータイを、面白可笑しい、好い印象を与えることも期待しつつ、ガラケーと変え呼んで、スマートフォンがケータイと同系列の単なる新しい携帯電話機だと思っているような客に対してでも、はっきりと区別され得るようにした。
ただし、そうした販売会社と一部の消費者以外の、ガラパゴス化した理由と問題点について知る人が、ガラケーという言葉を発言する時は、その裏に揶揄するような意図を込めている場合がある。