要約市場
ざっくり要約、しっくり納得

水素水の歴史

動物実験
1975年にMalcolm Doleらが水素ガスが腫瘍の治療と活性酸素濃度の低下に効果があることを発見
1997年に白畑實隆らが電気分解して陰極側に出来た水が活性酸素濃度の低下に効果があることを発見
2007年に大田成男らが脳虚血の治療で水素ガスを吸引させると活性酸素濃度が低下し再灌流後の後遺症が柔らぐことについて、水素分子がヒドロキシラジカルのみを選択的に無害化することを発見
2008年以降に人体実験の結果が続々と報告される


標準状態において、水素分子は化学的に安定している。だから、物質と接触してもほとんどの場合、何の化学反応も示さない。これに当てはまらない例は、フッ素分子との場合くらい。
このような性質を理由として、工業分野では、水素は不活性気体の仲間として扱われることが多い。
同様に、医療分野でも、すなわち生体内でも、水素は目立った反応を示さないだろう、と考えられていた。
このような常識が覆され始めたのが、1975年ごろと言われている。
この1975年に、Malcolm Doleらの実験により、水素に活性酸素を減少させる効果があることが発見された・・・。